読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Access Accepted第467回:「Windows 10」は“ゲームチェンジャー”になり得るか

Microsoftの最新オペレーティングシステム(OS)である「Microsoft Windows 10」が,日本時間の2015年7月29日にリリースされる。1年間という期限付きながら,無償配布が予定されており,公式アプリで予約済みのWindows 8.1/7のユーザーなら,都合のいいタイミングでインストールできるようになるという。
 日本語版については,デジタルアシスタント機能「コルタナ」の実装が間に合わなかったものの,“9”を飛ばしてWindows 10に賭けるMicrosoftに注目している人は少なくないだろう。

Windows 1.0」がリリースされたのは今からちょうど30年前,1985年11月20日のことだった。長年ライバル関係にあったAppleが「Mac OS」(当時は単に「System」と呼ばれていた)を搭載したMacintoshに発売してから,一年遅れでのローンチだった。
 もっとも,Windows 1.0はMS-DOS上で動作するアドオンのようなプログラムであり,専用アプリケーションもほとんどなく,動作も緩慢だったため,「使った」という人は少ないだろう。しかしMicrosoftはあきらめることなく改良を続け,1993年の「Windows 3.1」の頃になると,事実上の標準OSとしてPCマーケットを席巻するようになった。

 ところが,「パーソナルコンピュータ」の概念はこの10年のうちに大きく変化してしまった。タブレットPCスマートフォンといった新たなデバイスが出現し,またたく間に普及した結果,北米の調査会社Gartnerの発表によれば,世界累計の出荷台数ベースでWindowsマシンは全体の14%程度にまでに地位を下落させたという。
 しかも新勢力のiOSAndroidは,ショップでOSを購入する必要などはなく,最新のものが常に無償でアップデートされるのだから,旧来のビジネスモデル自体に競争力がなくなったのは明白だ。CABAL RMT